お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスの舌側矯正

仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスが行う見えない歯の裏側からの治療

装置の見えない裏側からの矯正歯科治療法を、「舌側矯正歯科治療」または「リンガル※1矯正」といいます。
今まで、矯正歯科治療を考える方にとってネックになっていたのは、装置が目立つということでした。そのため歯並びを治すことに興味はあっても治療に踏み切れないという話をよく聞きます。

舌側

当クリニックでは五橋デンタルクリニックでの経験から「誰にも気付かれずに治療を受けたい」という多くの方のご要望にお応えすべく、歯の裏側に装置を付けることによって、他人に気付かれずに治療できる「舌側矯正歯科治療」を専門的に行います。

もちろんこの治療法は通常の表側から行う矯正歯科治療と比べても効果は全く変わりありませんし、年齢による制限もありません。
五橋デンタルクリニックの実績では舌側治療を行う患者様が全体の7割を超えており、多くの患者さまのご支持を頂いています。

舌側矯正のメリットとデメリット

メリット

メリット 1. 他人の視線を気にしなくてもいい
装置を見せたくない方や、職業上装置が見えると困る方などにたいへんお勧め。結婚式など大事なイベントがあってもそのまま治療が続けられます。

メリット 2. 会食も気軽に
通常の表側から行う矯正歯科治療では、装置に食べ物が挟まるのが気になって大切な方やお友達との会食も憂鬱・・・。
舌側治療なら、食べ物が挟まっても見えません。食事後にしっかり歯磨すれば大丈夫です。

メリット 3. 永久歯列期なら子供でも可能
思春期の難しい時期のお子さんの場合、装置が目立つことにとても抵抗があるようです。
さらに高校生にもなると、なおさら周囲の視線が気になるもの・・・。
しかし、装置が見えない舌側矯正歯科治療ならそんなも心配ご無用です。

メリット 4. 激しいスポーツをされる方
舌側矯正歯科治療の場合、装置が歯の裏にあることにより、スポーツの最中「ぶつかって装置で唇が切れる」といったようなトラブルがありません。
特に球技、格闘技などの場合、通常の表側からの矯正歯科治療よりも安全といえます。

メリット 5. 楽器演奏をされる方にも
トランペットやトロンボーンなどの金管楽器はマウスピースに唇を当てて演奏するので、通常の表側からの装置がでは演奏しにくい場合があります。 舌側からの矯正歯科治療であれば、装置が邪魔にならずに普段通り演奏することができます。

デメリット

デメリット 1.
口内の違和感に慣れるまで時間がかかる場合があります。

デメリット 2.
装置が舌に当たるのではじめのうち発音しづらい場合があります。

デメリット 3.
表側からの治療に比べると、料金が高くなります。

仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスが行っている舌側矯正の種類

上下とも舌側矯正(フルリンガル)

人に気づかれる事なく、いつの間にか歯並びがきれいになるので、装置を見せたくない方や、職業上装置が見えると困る方などにたいへんお勧めです。

正面
下の歯
上の歯

上の歯列が舌側で下歯列が通常の表からの矯正の場合(ハーフリンガルテクニック)

ハーフリンガルテクニックは目立つ上の歯列は舌側で、普段目立たない下の歯列は通常の表側からの治療をおこなう矯正歯科治療法です。
上下とも舌側矯正歯科治療(フルリンガル)に比べて、費用が安く、発音や舌への不快感もほとんどないため人気があります。
日常で目立つのは、笑った時に見える上の歯列です。
下の歯列の装置は下唇で隠れてあまり見えず、たとえ見えても審美性に配慮したクリアーブラケットを用いるため、目立ちにくくなっています。

正面
下の歯
上の歯