お問い合わせ・ご相談

022-796-5324

070-5324-7558

仙台市青葉区中央1-8-40 井門仙台駅前ビル5階

ペデストリアンデッキ直結

仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスの矯正へのこだわり

仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスでは患者さんにあわせて治療例を複数紹介し選択して頂いています

一つの治療ではなく、複数の矯正歯科治療のオプションを提供

仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスでは患者さんのご要望にお応えしながら治療法を選択していきます。
たとえば矯正歯科治療を行う際に、「見えない裏側からの装置で治療を行いたい」「歯は絶対抜きたくない」「目立たなければ表からの治療でも良い」など色々なリクエストがあると思います。仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスではそのリクエストにお答えするために舌側、表側、インプラント矯正、非抜歯など、様々な治療法を用意しております。
一つの治療法に限定せず、複数の治療オプションを提供し患者さんにベストな治療法を選択して頂いております。

矯正治療 CASE-1

Aさんは絶対歯を抜きたくないということでインプラント矯正により治療を行いました。一方Bさんは治療のためなら歯を抜いても良いと言うことで抜歯による治療をおこないました。

Aさん
歯を抜かないで矯正治療を行いました

治療前

歯を抜かず:治療前の側面
歯を抜かず:治療前の右側
歯を抜かず:治療前の上の歯

治療後

歯を抜かず:治療後の側面
歯を抜かず:治療後の右側
歯を抜かず:治療後の上の歯

Bさん
歯を抜いて矯正治療を行いました(→部)

治療前

抜歯:治療前の側面
抜歯:治療前の右側
抜歯:治療前の上の歯

治療後

抜歯:治療後の側面
抜歯:治療後の右側
抜歯:治療後の上の歯

同じ程度の上顎前突に対して異なった治療法をおこなった例ですが、術前の診査診断による治療のゴールは決まっていますので、Aさん、Bさんともほぼ同等の治療結果となっています。

従来の矯正治療では歯を抜くか抜かないかで治療の結果が大きく異なっていました。後述の治療ゴール、エスティックライン項も参考にして頂きたいのですが「歯を抜かないで治療し歯並びは一応綺麗になったが、口元が出てしまっておサルさんみたいな横顔になってしまった」と言うことではまさに本末転倒なのです。仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスでは適応であれば抜いても抜かなくても同じ治療結果を得られる最新のテクニックをもって無くてはいけないと考えています。また舌側治療も然り、患者さんが選択できる治療をご提供いたします。

矯正治療 CASE-2

次の患者さんは同じような凸凹歯でしたが、Cさんは裏からの矯正で、Dさんは表からの矯正で治療しました。

Cさん
ハーフリンガルで矯正治療を行いました

治療前

ハーフリンガル:治療前の側面
ハーフリンガル:治療前の右側

治療中

ハーフリンガル:治療後の側面
ハーフリンガル:治療後の右側

治療後

ハーフリンガル:治療後の側面
ハーフリンガル:治療後の右側

Dさん
表側矯正で治療を行いました

治療前

表側:治療前の側面
表側:治療前の右側

治療後

抜歯:治療後の側面
抜歯:治療後の右側

治療後

抜歯:治療後の側面
抜歯:治療後の右側

舌側矯正歯科治療を得意としています

カスタムメイドの舌側矯正装置

舌側装置

当院で一番人気の矯正歯科治療は舌側矯正歯科治療で、全矯正患者さんの約80%がこの治療法を選択されています。歯の裏側に装置をつけて治療するため装置が表側から見えないため審美的で年齢や症例を選ばない優れた治療方法です。また、舌側矯正に症例の制限なく、治療期間も通常の矯正とほとんど違いがありません。

当院で用いる舌側矯正装置は、最新の材料を使って製作されそれぞれの患者さまの口腔内に合わせてカスタムメイドされています。装置を歯につけるポジションを決める際の模型や舌側矯正装置は工所に発注して製作しますが、歯科技工士に任せっきりでは技工指示が正確に伝わらないことが往々にしてあります。そのため、仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスではドクター自らが製作途中から完成までの行程に関わり、ドクターの意思の入ったフルオーダーメイドの舌側矯正装置を制作しています。

矯正治療の治療ゴール(歯並びの完成模型)提示します

緻密な治療ゴールの設定と予知的な矯正治療

これは後述のエステティックラインとも非常に大きな関係があるのですが、仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスは患者さんごとに治療ゴールシミュレーションモデルを作成し診断時にご提示いたしております。治療ゴールシミュレーションモデルとは患者様の歯列模型から歯の部分を切り放したのち、正しい歯並びとなるよう再配列した模型のことです。これにより歯が正しく並べられるかどうかの判断ができ、矯正を行う前に治療後の状態が確認できるのです。また歯の移動が困難な場合でも、その対応を前もって熟考することができます。この。治療ゴールシミュレーションモデルは適切な診断・治療計画のために欠かせないものですが、日常的に制作して治療に当たっているクリニックは必ずしも多いとは言えません。患者さんからは「自分の治った歯並びを目で見て実感することができるので安心」と好評を得ております。

治療前模型
治療ゴールシミュレーションモデル

則顔から見た口元の美しさを重視しています

矯正歯科治療とエステティックライン

アメリカの歯科矯正医であったDr.ロバート・リケッツが提唱した概念で、「美しい横顔」「美しい口元」の基準として用いられています。上下の唇がエステティックラインの少し内側にあるのが理想とされています。仙台駅前歯科矯正歯科SRデンタルオフィスでは治療のゴール設定の際にこのエステティックラインを治療の診断の重要な基準とし、この改善を治療目的の一つとしています。

例えば凸凹歯を治す際にスペースの確保をしなくてはなりませんが、それを抜歯で補うのか?歯列を前と横に広げて確保するのか?あるいは歯を後ろに移動して確保するのか?と幾つかの方法があると思います。

前述しましたが「歯を抜かないで矯正歯科治療をしましたが、おサルさんの様に口元がでてしましました」ではダメということです。

矯正治療 CASE-1

治療のゴールで前歯の位置が決まっているので、凸凹を治しても歯列は広がらず、治療後の口元はむしろエステティックラインよりさがっています。

治療前

エステティックライン:歯並び
エステティックライン:横顔

治療後

エステティックライン:歯並び
エステティックライン:横顔

矯正治療 CASE-2

上顎前突での口元の突出感の改善例です。

治療前

エステティックライン:歯並び
エステティックライン:横顔

治療後

エステティックライン:歯並び
エステティックライン:横顔